彼とケンカしちゃった時の謝り方

【ケンカ】と位置づけてる段階で彼を好きです

↑これは絶対、忘れずに!!

 
 
私の場合はですが
ケンカが出来ない人とは長続き出来ないし
ケンカはしたら悪いモノじゃない!
 
 
 
 
 
では、どうぞ
 
 
 
 
 
① 謝る
 
 
{EEE5F85B-FFE2-493D-A1C6-D9692C36D6F3}
 
 
以上!!!
 
 
 
 
ここで「(ꐦ°᷄д°᷅)!?」となったあなた
謝るの苦手または謝りたくないタイプですね
いかがでしょう?
 
 
 
 
 
 
謝るメリット
理由もろもろをどうぞ↓
 
 
 
 
 
相手が怒ったという時点で
理由はどうあれあなたが彼を
怒らせた事実を謝りましょう
 
 
 
 
「謝りたくない!」と思った時
 
 
 
 
なぜ謝りたくないのかを考えてみましょう
単なる己のプライドからなら
そんなプライドは捨ててしまえ( ゚д゚)、
 
 
男性はそもそもお堅い生き物
柔らかく形を変えられる謝れる女には
価値があります
 
 
 
せっかくの価値の証明を棒にふるなんてもったいないです
 
 
 
その後のお互いの関係を考えたら
自分の悪い部分は素直に謝れた方が
こちらもあちらも楽です
 
 
 
 
 
彼氏には
 
「私の方が女に生まれた時点で謝り上手だしなぁ。私が悪い部分は先に謝ろう( •˓◞•̀ )」
 
という考えでいてあげてください
 
 
 
どうしても謝りたくない場合
 
 
え?彼の事、本当に好きですか?
 
あなたの見栄や意地やプライドで付き合ってます?
 
 
彼とケンカ別れる覚悟があるなら
あなたの意地を通していいですが
むしろ頑として通すべきですが
 
 
 
いらないこじらせプライドは全く可愛くありません。
 
 
 
あなたが今さら拗ねたところで
ケンカになった段階で拗ねても
彼はめんどくさいだけなので
さっさと謝りましょう
 
 
謝っても彼が許してくれない
 
 
彼が怒ってる理由が分からない場合は
彼に理由を聞きましょう
 
 
彼が話してくれて彼の怒ってる理由を
理解できたら再度、謝りましょう
 
 
彼も謝ってくれたら晴れて仲直りです
 
 
 
 
更に彼の怒りが続き
 
 
「理由も分からないのに謝ってんの?それって謝ればいいと思ってんの?」
 
と言われたら
 
理由が分かっているなら
彼の言う理由の話しをしましょう
「私が〇〇だったから怒ったんだよね?」
みたいに
 
 
理由が分からない場合は
 
 
「あなたが怒った時点で
私はあなたを不快にさせたから
不快にさせた事を謝ったの」
 
 
と潔く堂々と言いましょう
彼も自分の非を認めて謝ったあなたに
悪い気はしません
 
 
それでも
「は?分かんないのバカなの?」
などと言われた場合
 
 
私の様にドMとか修行僧以外は
 
「お前こそ謝った人間に対して何だその態度は!バカなの?」
 
と言ってガチャ切りでオッケーです
 
 
彼もその場では素直に謝れず
潜在意識的に自分が謝らずには
いられない状況を作ったのかもしれません
(*´∀`*)<あはは!しょうがない子だなー
 
 
その後、彼からの謝罪があり
許すか、許さないかはあなたの自由です
 
 
 
許す場合はもうぐだぐだ
ほじくり返して怒るのはやめましょう
 
 
 
彼からの謝罪がない場合
 
 
そんな器の小さい男と付き合っていきたいですか?
 
そんな器の小さい男と付き合うのは
オススメしませんが
付き合っていきたいのなら
あなたから全力で謝りましょう
土下寝の勢いで!
 
 
彼と別れるのに不安はあると思いますが
彼以外にも男性は35億いますで
彼よりイイ男を見つける方が
簡単
で有意義な時間を過ごせると思います
 
 
{01D9CCF9-94B9-4A77-BBDB-69513BDE7698}
 
 
恋愛は楽しくお互いを成長されるモノ
その後、愛に通じるモノであってほしいと
私は考えています
 
 
悲しくつらいばかりなのは
恋で止まる
恋はいつか終わります
 
 
 
謝り上手、見極め上手になって
幸せな恋愛を
 
 
ではまた( ´ ▽ ` )ノ


 
追伸 4月23日(日)に

【満席です キャンセル待ち募集中です


【好きな私のまま安心な彼と恋する ブランチ会】開催やります。
 
参加者様に得るものの多い
ブランチ会を目指しグループレッスン
並みの濃い内容でお届けしたいので
少人数制です
 
 
 
直井由季
 
 

LINE@好評配信中♡

恋愛セラピスト直井由季と繋がるLINE@
今日、使える恋テクやブログ、Facebook
より深い私の考えをお伝えしてます
お友達登録よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ
ID:ijx5013o
または⬇︎をクリック
LINE@QRコード

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)